FLEXIBLE SHAFTS

フレキシブルシャフト

フレキシブルシャフトとは

フレキシブルシャフトは、離れた2点間の回転運動を伝達する最も簡便な方法です。
適切なカーブを保ちながら回転とトルクを伝達します。

  • フレキシブルシャフト
  • フレキシブルシャフト

フレキシブルシャフトの特徴

  • どのような位置にでも回転を伝達。

    どのような位置にでも
    回転を伝達。

  • どのような位置にでも回転を伝達。

    ギア・ベルト伝達での
    設計困難を解決。

  • 各種専用機に。(穴明、研磨、切断etc)

    各種専用機に。
    (穴明、研磨、切断etc)

  • 無段変速機、バルブ開閉等の遠隔操作用に。

    無段変速機、バルブ開閉等の
    遠隔操作用に。

  • 機器の配列が自由にできる。
  • 機器の正確な芯出しが不要。
  • 回転中でも、駆動側と従動側の相対位置を変えられる。
  • 伝達効率が高い。
  • 振動を吸収する。
  • 一つの動力源から複数の動力を取り出せる。
  • 防塵性がある。
  • メンテナンスが容易。
  • 機器を小型に設計できる。

など、多くの特徴があります。

フレキシブルシャフトの構成

フレキシブルシャフトは、インナーシャフト(別名:インナーワイヤ)、アウターチューブ(別名:ケーシング)、軸端部(別名:接続金具)で構成されています。

フレキシブルシャフトの構成

インナーシャフト

基本的な構造

基本的な構造

構成 フレキシブルシャフトの中で最も重要な部品。1本のワイヤ上に数層のワイヤを巻きつけて製作しています。それぞれの層は数本のワイヤで構成され、一層ごとに逆方向に巻きつけています。動力伝達用としてのフレキシブルシャフトの基本的な特性は、インナーシャフトの構造によって大きく変化します。 直径が同じでも、インナーシャフトの一層当たりのワイヤ数、ワイヤ層の数、ワイヤの直径、材質、ワイヤ間の間隔などを変えることにより、特性が変わってきます。
材質 引張強さ、ねじり応力が高く、 耐摩耗性に優れた硬鋼線C種(JISG3521)を使用しております。耐熱、耐薬品、耐放射線、 耐腐食、耐真空用としてステンレス線で製作することもできます。
巻き方向と回転方向 インナーシャフトの巻き方向によって、 右回転用と左回転用があります。逆方向に使用した場合、正常な場合の30〜50%減となります。

巻き方向と回転方向

アウターチューブ

機能・役割 ねじられようとしながら回転するインナーシャフトを外部から支え、インナーシャフトがループ状になるのを防いでいます。またアウターチューブとインナーシャフトの間には、グリースが封入され、インナーシャフトの軸受としての機能を持っています。
さらに、アウターチューブは湿気やホコリからインナーシャフトを守る役目を持っています。
標準型 硬鋼線、軟鋼線を組合せて巻き上げたり、平鋼線を巻き上げた外面に樹脂(塩化ビニール、ポリエチレン、合成ゴム等)を皮覆したもの。一般的に使用するものです。

標準型

高トルク型 硬鋼線、軟鋼線を組合せて巻き上げたり、平鋼線を巻き上げた外面に鋼線ブレードを1重又は2重に皮覆し、更に樹脂(塩化ビニール、合成ゴム等)を皮覆したもの。高速回転する作業にも充分耐え、耐水、耐震性にもすぐれています。標準型に比べ、柔軟性に劣ります。

高トルク型

軸端部

形状・材質 駆動側、従動側との接続する部分で、種々の形状があります。材質は一般鋼材が標準ですが、ステンレス材の製作も可能です。勿論、カタログ記載外の形状も可能です。

使用目的にあった各種シリーズ

パワードライブ フレキシブルシャフト 電子カタログ

パワードライブ フレキシブルシャフト
電子カタログ

PDFダウンロード

(ダウンロードサイズ 17MB)